I Love Kebari   I Love Tenkara    I Love Keiryu
アメリカでの釣り・I永さん

いつも私の毛鉤を使って頂いている神奈川県のI永さんより嬉しいお便りを頂きました。
アメリカでのテンカラ釣りの様子です。
夕焼けがとても素敵です。

 

「今年もアメリカのアイダホ州で数日のフィッシングを楽しんできました。
次は冬、春と数ヶ月おきの渡米でのフィッシング予定です。
適度な写真を添付しました。テンカラ竿持ったドアップが日米ハーフの息子です。
あとは友人と親戚の子供が写っています。
息子も自分のテンカラ竿を欲しいとのことで、来年は買ってあげようと計画中です。

息子が使ったテンカラ竿は、写真に写っている友人(自称プロ、兼ガイド)の竿です。
テンカラUSAの3.6m胴調子のもので、ラインはおそらくテンカラUSAので、
ラインとハリスの途中に2色の太いラインをスパイラルに加工した目印を付けています。
ハリスはフライ共用で、フライもウェット、ドライを時間帯で使い分けました。

親戚の子供は、私の古い竿でフライフィッシング。フライは友人のものを使っておりました。
(黒系ウェットタイプ小さめの鉤)

私は、この日はフライロッドもテンカラロッドも両方使いましたが、佐々木さんのフライです。
全て沈むタイプのものでしたが、3種類どの名前のフライを使ったか覚えていない状況です。すみません。
テンカラは、ダイワの胴調子3.6mの竿、ラインは日本の通販で買ったソフトテンカラテーパーに、
フライのハリスを使いました。

素人なので、この程度ですみません。ただ、フライロッドはアメリカの店で買ったものなのですが、
今後は、テンカラは日本で買ったものでやっていきたいと思っている次第です。
鉤は、佐々木さんのもので今後もやっていきたいです。」

 


との事です。ありがとうございました。m(__)m
息子さんカッコイイですね!
前回の御注文をみると沈み系だと黒法師赤孔雀赤影沈み となっております。
アメリカでのテンカラ釣り、いいですね。
最近ではアメリカでのテンカラ人気が急上昇しているそうですね。
竿、糸、毛鉤と至極シンプルなスタイルが受け入れられている事がとても嬉しいです。
またアメリカでの釣果報告お待ちしております!
ありがとうございました。

 

 

釣果報告 / - / -